スターホワイトニングの効果の持続期間は?利用者の私が解説!

一部ADを含む

スターホワイトニング

本記事では、スターホワイトニングの効果はどれくらい持続するのかについて、実際に通っている私が解説します。

結論から言うと、スターホワイトニングの効果の持続期間は「3~6ヵ月」です。

ケイスケ
ケイスケ
なので1度歯が白くなったら、3~6ヵ月おきに歯の白さを維持するための”メンテナンス”を受けに行く必要があります。

ということでスターホワイトニングの効果の持続期間について、さらに詳しく知りたい方は本記事を。

ホームホワイトニングよりも遙かに即効性のあるスターホワイトニングにて、気軽に施術を受けてみたい方は、下記の公式サイトを確認しておきましょう!

\1回2,750円から始められる/
スターホワイトニングの公式サイトはこちら

>>スターホワイトニングを利用した口コミ

スターホワイトニングの効果の持続期間について


繰り返しになりますが、スターホワイトニングの効果の持続期間は”3~6ヵ月”となっています。

「なんでこんなに幅があるの?」と感じた方が多いと思いますが、ホワイトニングは続ければ続けるほど、歯の白さを維持できる期間が長くなっていくんですね。

実際にスターホワイトニングに3年ほど通っている方の口コミを見ると「今は1年に1,2回ほどしか通院していません」とコメントしていました。

ホワイトニングは白くするまでが大変なんですけど、1度白くしてしまえば、最低限の施術で大丈夫なんですね。

ケイスケ
ケイスケ
私もスターホワイトニングで4回施術をしましたが、次の予約は3~4ヵ月後でOKと言われました!

ということで次の章では、スターホワイトニングの効果の持続期間を長くする方法について見ていきましょう。

スターホワイトニングの効果の持続期間を長くする方法3選!


この章では、スターホワイトニングの効果の持続期間を長くする方法3選をお伝えします。

結論、下記の通りです。

  • 方法①:色の濃い物を食べないようにする
  • 方法②:食後にすぐ口をゆすぐ
  • 方法③:ホームホワイトニングと併用する

この内容を実践するかしないかで、効果の持続期間がグンッと変わるので、ぜひこのまま読み進めてみてくださいね。

方法①:色の濃い物を食べないようにする

1つ目の方法は、色の濃い物を食べないようにすることです。

例えば下記のような物ですね。

  • ワイン
  • お茶
  • ソース
  • ケチャップ
  • ベリー系のフルーツ
  • カレー

もちろんタバコも着色の原因になりますから、喫煙している方は可能な限り避けたいですね。

ただお茶は日常生活でも頻繁に飲むと思うので、ストローを使ってなるべく歯に付かないよう工夫すると良いと思います。

方法②:食後にすぐ口をゆすぐ

スターホワイトニングの効果の持続期間を長くする方法2つ目は、食後にすぐ口をゆすぐことです。

例えばカレーなど無性に食べたくなる時があるはずなので、そんな時はすぐにに口をゆすいで、着色の原因物質を洗い流しましょう!

歯磨きまでしなくても、軽くゆすぐだけで全然違います。

歯の白さを維持するのは大変ですが、あまりストイックになりすぎず、日常生活を送って下さいね。

方法③:ホームホワイトニングと併用する

最後はホームホワイトニングと併用することです。

自宅でも専用の薬剤をマウスピースを使って、ホワイトニングをすることができます。

例えば評判が良いのは、スーパーホワイトLV2あたりですかね。

ケイスケ
ケイスケ
ただ費用も手間もかかってしまうので、何が何でも歯の白さを維持しておきたい方のみ、検討してみると良いでしょう。

スターホワイトニングの効果の持続期間まとめ


いかがでしたでしょうか。

今回はスターホワイトニングの効果の持続期間についてまとめてきました。

結論、スターホワイトニングの効果の持続期間は3~6ヵ月で、通えば通うほど、白さをキープできる期間が長くなります。

最初に少し自己投資をすれば、後は年間で数千円しかかからないので、学生の方でも続けやすいでしょう!(私も大学院生ですが、結果大満足です。)

なおスターホワイトニングのさらに詳しい口コミは下記の記事でも紹介しているため、予約する前にサクッと確認してみてくださいね。

本記事が参考になりましたら幸いです。

\1回2,750円から始められる/
スターホワイトニングの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました